スワロフスキー・クリスタル取り扱いについて

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

 スワロフスキー社から、DIY(材料としての販売)、ネイル業界などを含む小売業界へのスワロフスキー・クリスタル製品を提供するビジネスから撤退することが発表され、2021年10月1日以降、スワロフスキー・クリスタルのブランドロゴ表記の使用も禁止となります。

素材ブランディング表記に関して

 2021年10月以降、“スワロフスキーブランドロゴ”は、店頭、POP、Webサイト、マーケティング販売宣伝資料、梱包材料、その他販売促進用品において表記できなくなります。ただし「スワロフスキー・クリスタルを使用しています」等の文字表記は可能です。

との発表があったとのことです。スワロフスキーを扱っているいくつかのショップでも確認しましたが、ロゴを使用せず、文字表記であれば基本的に今までと変わらず使えるようです。但し、在庫限りで販売は終了とのことです。

タイトルとURLをコピーしました