当店における天然石(パワーストーン)の定義・取り扱いについて

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

当店における天然石の取り扱いについて

★仕入れは大手の手芸用品店もしくは天然石の専門店で行なっておりますが、作品制作に使用した石の種類や加工方法などは販売店で表記されていた情報に基づくものです。独自の鑑定や加工は行なっておりませんので、個別にお問い合わせ頂いてもお答えすることができません。

★当店ではパワーストーンやそれに類する名称などは、販売戦略として一切使用しておりません。個人の考えや信仰に基づくものであり、トラブル防止のため効果などの質問は一切お受けしません。

★ランクについては、統一基準が存在せず各業者独自の判断となるため、当店においては作品制作に使用した天然石のランクは表記しないものとしています。

天然石とは

 天然石とは、本来は人工的に合成されたもの以外の鉱物や岩石の漠然とした総称で、科学的な定義などはありません。実際は、装飾目的として利用できる石に対して、商業的な価値を与えるために用いられている呼び名となっています。科学的な処理を施されたものも天然石と呼称され、流通しています。

科学的な処理

 石の持つ本来の色を改善する、自然現象では起こりえない色を作る(染色や脱色)、透明度や外観(傷など)の改善(薬品に浸す)、粉末から固体を作る(練り)、強度を上げる(圧縮や樹脂の充填)、といった処理があります。手芸用品として販売されている安価な天然石は、何らかの科学的な処理がされているケースや、傷の程度から高級な宝石には向かない石などが多いです。

パワーストーン

 ある種の特殊な力が宿っていると考えられている石のこと。実証はされておらず、科学的立場としては、疑似科学、オカルト、個人的な意思による信仰(お守り)という認識。

 どのような石に重きを置くのかは人によって異なるもので、科学的な処理がされていない純天然ものにこだわる人もいれば、科学的な処理がされていても問題ないという人もいます。

天然石のランク付けについて

 ダイヤモンドの場合には世界基準が存在し、それに基づいて価格が決まります。しかし天然石には世界基準は存在せず、それを取り扱っている業者が独自の基準で表記しているものとなります。

 したがって、例えば同じ天然石をα店とβ店に見せたところ、α店ではAAAと言われたが、β店ではAと言われた、というケースが起こります。

タイトルとURLをコピーしました